忍者ブログ

アドソース:集客のタネ(種) やらないのはもったいない。使えるプロモーション(販促)・広告・マーケティングの数々

Home > 【仕事で役立つ便利グッズ・道具】 > もらった名刺をより有効に管理・活用するには?

もらった名刺をより有効に管理・活用するには?



今の時代、名刺はスマホで管理できます。もらった名刺をスマホでパシャリ!と撮ってデータ化しておけば、どんなに大量の名刺でもスマホ片手に収まりいつでも手元で名刺がチェックできます。


具体的にスマホで使える名刺管理アプリといえば、
「Evernote Hello」「すごい名刺管理」「CamCard」「Eight」「Cardful」「スマート名刺管理」等々ありますが、さて、どれが一番いいのか?




覚えておくのは「OCR」という言葉。文字の認識精度のことです。

スマホで名刺を撮影するとその名刺に書かれている文字を情報として認識しデータにして登録してくれる精度です。


どういうことかというと、


普通に名刺を写真で撮っていってもじゃあ○○会社の人の名刺を一覧で見たいと思ったとき、簡単に検索できませんよね。撮影した名刺の画像データを一枚一枚確認しながら探さなければいけなくなってしまいます。

だから名刺にある文字情報をちゃんとデータとして登録しておく必要があります。そうしないと、大して便利ではないので。

もし、一枚一枚自分で名刺の名前や会社名、連絡先などを入力・登録していくとしたら大変な作業です。
例えば、100人の名刺の住所やメールアドレス・連絡先、役職などを入力していくとすれば結構な重労働。


だからスマホで名刺を撮影するとその名刺の文字を情報として自動で取得してくれないと困ります。

そこで「OCR」の精度。
名刺を撮影すると文字を正しく認識してデータとして的確に記録してくれるかどうかが名刺管理アプリでは重要です。


それに基づいて選ぶとすれば、文字の自動認識精度「自動OCR」が一番高いのは、
CamCard Lite (Business Card Reader)
「CamCard」



※動画では英語で説明してますが、ちゃんと日本語版もあります。

「CamCard」https://www.camcard.com/


現在出ている名刺管理アプリの中では一番精度が高いかと思われます。

といっても100%ではないので間違えて認識してしまう事もありますので自分で一度正しく認識しているかチェックする必要はあります。


CamCardには無料で使える
CamCard Free - 名刺認識管理(iPhone・iPad・iPod Touch アプリ)
と、
CamCard Lite - 名刺認識管理(Android アプリ)
があり、
起動するとユーザー登録を勧められます。ユーザー登録しない場合は名刺50枚を保存できて、ユーザー登録した場合はクラウドなどのネットワークと連携できるサービス等も込みで名刺100枚登録できて毎週3枚ずつ登録できる上限が増えていきます。
無料版なのでユーザー登録してもしなくても無料です。


有料版(完全版)もあり、こちらは最初から名刺の登録できる数に制限はありません。Android アプリ(Google Play)での有料版CamCardはこちら


CamCardのレビュー例:http://www.ttcbn.net/no_second_life/archives/4156






そして、次は「OCR」の精度が99.9%なのが、
名刺管理アプリEight (無料名刺リーダー・ビジネス名刺管理)
「Eight」



「Eight」アプリは0円
App Store:名刺管理アプリEight (無料名刺リーダー・ビジネス名刺管理)
Google play:名刺管理アプリEight (無料名刺リーダー・ビジネス名刺管理)


精度が99.9%なら「CamCard」よりも高性能じゃないか!と思うかもしれませんが、「Eight」のOCRは人力です。


名刺をスマホで撮るとそれが「Eight」アプリを管理している会社にその写真データが転送され、人海戦術でその名刺に記載されている情報を人が直接見てデータにして登録していくという仕組みです。

なので、「CamCard」ならば名刺を撮ってすぐデータ登録できますが、「Eight」はデータ登録がされるまでに約1日、量が多いと一週間以上かかることもあります。
そのかわり、送られてきた名刺の画像を人が直接見ながらデータを入力してくれるので精度は99.9%なのです。

当然セキュリティは万全の体制を敷いていると思いますが、人が確認しているということもあり個人情報漏洩につながらないか心配な人にはちょっと使いづらいアプリでもあります。



ただ、「Eight」には他にも便利な点がいくつもあり、名刺相手も「Eight」を利用していれば、例えば、相手が"転職した"や"連絡先が変わった"といった場合でも「Eight」内のネットワークでつながっているので相手が情報を更新すれば、自動的に自分が持っていた相手の名刺データも最新の情報に更新されます。

「Eight」はネットを活用・多用している方には非常に便利なサービスです。
「50万人が使う名刺管理アプリEight」https://8card.net/



よって、
スマホで名刺を管理・活用する場合、この二つのアプリを活用すればよいのではないでしょうか。

非常に重要な方の名刺情報や個人的にも活用頻度の高い名刺情報は「CamCard」

それ以外の名刺は「Eight」で管理。

など、それぞれのアプリの特性に合わせて使い分けるのも手です。
一度お試しあれ。


PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

adnetwork_banner_03

ブログ内検索

カテゴリー



ついつい忘れる専門用語解説

【コンバージョン率/コンバージョンレート】 訪問者(アクセスした人)のうち何人が購入・契約したのかの確率。(10人訪問して2人購入ならコンバージョン率20%)


【クラウド】 インターネット上のサービスをもっと上手く活用して利用者が自前で準備・負担するより「簡単」で「より効率的に」「安く」を実現させたサービス。


【PPC広告】 クリックされた分だけ払うインターネット広告

» ほか、【LPO】【SEO/SEM】【インプレッション】などなど




【人気の口コミ広告サービス】
たくさんのブログに商品やサービスを紹介してもらおう!
これを活用して売上が10倍以上になったところも!!

ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ ブログランキング フィードメーター - 集客のタネ(種)
ブログ王BS blog Ranking
track feed 集客のタネ(種)

バーコード