忍者ブログ

アドソース:集客のタネ(種) やらないのはもったいない。使えるプロモーション(販促)・広告・マーケティングの数々

Home > 【使える、覚えておくべき仕事術】 > 【企業・お店のためのTwitter(ツイッター)の有効な使い方】(その3)基本テクニック

【企業・お店のためのTwitter(ツイッター)の有効な使い方】(その3)基本テクニック

【第3回】覚えておこうTwitter(ツイッター)でツイート(つぶやき)する時の基本テクニック

ここではTwitter(ツイッター)を使ううえで知っておくべき基本的なことを教えておきます。





【1】ツイートの中にリンクアドレスがある場合、前後に『半角スペース』を必ず入れる。

hankakuspace_03

これのキーポイント
これを理解しておかないと、例えば紹介したいウェブページのリンクをツイートした時、リンクが機能しない(リンクを押してもページにいけない)ことがあります。


例として自分がブログ記事を紹介した時のツイートを見てみましょう。

【まず基本編】
【次に少し応用編】リンク(リンクアドレス)がツイートの中にありますね。
クリックすればそのリンク先のページが表示されるはずです。

ツイッターではつぶやきの中にリンクアドレス(http://〜)があるとそれが自動的にリンクとして機能するようになっています。(※つぶやきを見るとhttp://という部分は消されてますが。)

当然、自動でリンクとして機能してくれたほうが圧倒的に便利なのですが、仕組みを理解していないとリンクがちゃんと機能しないことがあります。


例えば二つ目のツイートでは「文章|リンクアドレス|文章」という作りになってます。

ここでリンクの前後に半角スペースを入れていないと、

http://adsauce.blog-sim.com/Entry/9/(※基本的にアクセス数に比例するので1日100万アクセスあれば月約800万円以上も。)

という感じに、リンクアドレスの後の文章までリンクアドレスの一部だと誤判定されてしまうことがあります。

http://adsauce.blog-sim.com/Entry/9/というリンクアドレスのウェブページはありますが、
http://adsauce.blog-sim.com/Entry/9/(※基本的にアクセス数に比例するので1日100万アクセスあれば月約800万円以上も。)というリンクアドレスは存在しません。だからクリックしても「そんなページはありません」とリンク先が見れない事態になってしまうのです。
※私のブログはなぜかこの部分が無駄に優秀で、アドレスの後にどんな間違った文字列が入っても問題無くアクセスできるようになっていました。が、普通はアクセスできません



だから、リンクアドレスの前後にはちゃんと『半角スペース』を入れるようにしましょう。

半角スペースでちゃんと区切っておけば、自動認識のプログラムも半角スペースのところで「あ、ここでリンクアドレスは終わりなんだな」と正しく認識してくれます。


一見、半角スペースを入れてなくても正しくリンクになっているように見える場合もありますが、ツイッターを見ている環境はひとそれぞれちがいます。
ある人のスマホではちゃんとリンクになっていても他のPCで見ている人にはちゃんとリンクになっていないなどのことも充分ありえるのです。





【2】画像付きツイートは基本的にTwitPicを使うとよい。

twitpic_03

TwitPicの使い方
TwitPicアプリ

ツイッターのツイート(つぶやき)の中に画像を表示させるにはオリジナルから画像を添付してツイートするか、ツイッター表示に対応した画像アップサイトを利用する必要があります。

その中で一番使えるのがTwitPicです。

その理由は、

・サムネイル(画像の小さいバージョン)などがツイッター上でしっかり表示され見やすい。

・後々、画像を再利用しやすい(画像だけの管理・再利用が簡単)

・ツイッター自身の画像付きツイートだと「RT」ができないなどのバグ(不備)がある。

[注意] TwitPicも万能ではないので、「画像が表示されない」や「画像が投稿できない」などの事態が障害で数時間続いたりする場合も稀に発生します。

どうしても時間がずらせない等の時はしょうがないのでツイッター自身の画像投稿機能を使いましょう。




【3】ツイートにリンクを入れる時、リンク先の画像もいっしょに入れてツイートすると反応率があがる。

リンク先を見てほしい時、画像を付けたほうが反応がよくなります。

理由は簡単。
画像のないツイートより、画像のあるツイートのほうが目立つので読んでもらえる可能性、リツイート(RT)してもらえる可能性が上がるからです。

例を見せます。ここで、【1】と【2】で教えた基本が活きてきます。

ウェブページ(またはブログ記事)のリンクと画像のリンクの二つがツイートの中に並んでいます。

【1】のリンクの前後には必ず「半角スペース」のルールが守られていないと、この「ページリンク」と「画像リンク」が合体してしまって

http://adsauce.blog-sim.com/Entry/15/AAA.htmlhttp://twitpic.com/cjoe6x

といった感じになってしまう場合があります。

TwitPic経由でつぶやけば画像リンクの前後には自動で「半角スペース」をつけてくれるので特には心配ないのですが、自分で画像リンクをツイートの中に入れる場合、前後に「半角スペース」を入れることを忘れないでください。


こういった「画像&ページリンク付きツイート」をする時のコツとしては、見てほしいリンクを「前」にしてください。

この場合「ページリンク」「画像リンク」の順番です。

リンクアドレスが連なっている時、人はリンクの前の方を普通押します。

なので、「画像リンク」を前にしてしまうと画像単体のページの方に移動してしまう傾向が強くなるので気をつけましょう。




PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

adnetwork_banner_03

ブログ内検索

カテゴリー



ついつい忘れる専門用語解説

【コンバージョン率/コンバージョンレート】 訪問者(アクセスした人)のうち何人が購入・契約したのかの確率。(10人訪問して2人購入ならコンバージョン率20%)


【クラウド】 インターネット上のサービスをもっと上手く活用して利用者が自前で準備・負担するより「簡単」で「より効率的に」「安く」を実現させたサービス。


【PPC広告】 クリックされた分だけ払うインターネット広告

» ほか、【LPO】【SEO/SEM】【インプレッション】などなど




【人気の口コミ広告サービス】
たくさんのブログに商品やサービスを紹介してもらおう!
これを活用して売上が10倍以上になったところも!!

ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ ブログランキング フィードメーター - 集客のタネ(種)
ブログ王BS blog Ranking
track feed 集客のタネ(種)

バーコード